安くて効果のあるサプリを見つける方法

>

選ぶポイントは?

薬ではないため、価格的にも購入しやすい

サプリメントについて考えるとき、もっとも大事なポイントはそれが薬ではないということです。
正しく分類すると食品にあたるもので、普段の食事に不足している栄養を補う役割として存在しているのです。
ですので、薬とは役割がまったく異なります。
例えば、ビタミン剤などは、名前に「剤」がつくのでれっきとした薬であり、きちんと効果効能が言えます。
それは薬が国の薬事法によって国によって厳しく管理されているからです。
だからこそ、薬の副作用や併用などについて使用上の注意はきちんと説明しなければならないのです。
一方、サプリメントについてはコンビニでも簡単に誰もが購入できます。
健康食品とも呼ばれますが、それは法律で定義されているわけではないのです。
店頭やネットの口コミ、健康雑誌でなど、その情報の入手法はさまざまです。

自分でみつけるという選択

最近では、ジュースやお菓子などでも保険機能食品と呼ばれているものがありますが、これらは国に効果や安全性などについて認可を受けているものです。
これらとサプリメントは分類としては、少し異なっていると言っていいでしょう。
サプリメントでよくみかける「栄養補助食品」や「健康補助食品」という表記は、法律で定義されているわけではないので、いわゆる健康食品という位置づけなります。
ただ、国によって定義されていないからといって、健康食品にまったく効果がないかと言えばそうとは言い切れません。
すでに健康食品という大きなマーケットがあり、常に新しい製品が生まれている状況には、効果を実感している人や飲み続けて満足しているユーザーがいるからです。
最近ではネットでの口コミなどでも、効果や価格など比較されて選びやすくなっています。
自分で摂取するものは、まずは自分で調べて試すのもいいかもしれません。